一枚板
ダイニングテーブル選びのポイント

POINT 1一人分のスペース

一人あたりのスペースは幅60cm、奥行き40cmが理想的。

食事をする際に、快適な一人分のスペースは、一般的におおよそ幅60cm× 奥行き40cm と言われています。これを目安に座る人数を掛ければ大体のテーブルの大きさを算出できます。一枚板に関しては幅がゆったりしたものが満足感が高い傾向がございますので、お部屋に入る範囲で大きめのものをおススメしております。奥行きサイズは、食器も置けて、正面に座る人との距離が適正に感じられるのは85 ~ 90cm と言われていますが、一枚板の場合は形状が様々なので80cm~ 90cmがおススメです。

テーブルの高さは70cm くらいが一般的なテーブルの高さになります。

POINT 2周りの空間

動線を確保して、狭すぎない使いやすい空間をつくりましょう。

ダイニングテーブルの大きさに加え、椅子を引いたり、人が通る為のスペースを確保する必要があります。椅子を引いて腰かけるのに70cm は必要になり、さらに椅子に座っている人の後ろを通るには、天板の端から100cm ~ 110cm は必要になります。室内の寸法を確認して家具の配置を決め、快適に暮らせる動線をつくりましょう。

POINT 3テーブルとイスの配置例

4人掛けなら幅150~160cm、5~6人用なら幅180~200cm が理想。

1 ~ 2 人用なら、テーブルの幅は80cm 程度ですと使用できますが、お食事などゆったり過ごして頂くには幅120cm 程度有ると使い勝手も良いです。3~4人用の場合はテーブル幅は約150 ~ 180cm 以上、5~6人用では幅180 ~ 200cm 以上がおススメのテーブルサイズになります。特に一枚板や無垢テーブルの場合は、「大は小を兼ねる」ということが増えて、お部屋に入る範囲で、できるだけ大きめのサイズの方が満足感が大きいようです。

レイアウトも合わせて考えましょう

レイアウトを工夫することで、スペースが生まれる場合もあります。

アトリエ木馬の一枚板は両面使用できます!

木表


木表を天板の上面にすると、耳の部分がはっきりと見えるので、より一枚板らしい風合いになります。

木裏


木裏を天板の上面にすると、耳が隠れるので、スタイリッシュな印象になり、耳の傾斜の幅分広く使うことが出来ます。

木表と木裏

一枚板の年輪が見える切断面(小口)を見ると、年輪の中心に近い方が「木裏」、そうでないほうが「木表」となります。テーブルにした時に「木裏」の方がやや広くなります。

脚は基本的に天板を乗せるだけです!

繰り返し使用できる特殊なフェルト(スペースフィット)を間に挟み、天板と脚がずれないようにします。

一枚板の形状/ サイズが不安な方は、無料型紙をお送り致します!

お問い合わせフォームより、型紙希望の旨をご記載ください。

Formお問い合わせフォームでのお問い合わせ

(受付時間 平日 9:00~18:00)

※時間外のお問い合わせは翌営業日の受付となります。内容によっては返信にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
※年末年始、夏期休暇、GW期間中については、営業時間を新着情報よりご確認の上ご利用くださいませ。

メニューを閉じる
×
×

カート